進路選びに困った時のチェックポイント

ポイントを踏まえて進路を決めよう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

自分の将来を見据えて選択する

進路を考える時は、自分が何を学習したいのか決めてください。 それぞれの大学によって、学べるジャンルが変わります。 近くにあったからという理由で、大学を決めないでください。 そんな理由で何も調べないで行くと、学びたいジャンルがないことに入ってから気づきます。 続きを読む

何を勉強できるのか調べてみよう

これから進む進路を決める時に最も重要な部分は、何を学べるのかという部分です。
学びたいことを学べない大学では、進む意味がありません。
積極的に勉強ができないので、自分がもっと学びたいことを決めてください。
また、就職に関してサポートしてくれるのかという部分も大切です。
大学で学んだことを、今度は就職に活かします。
せっかくたくさんのことを勉強できても、就職先が決まらないと活かせないので無駄になります。
なるべくたくさんの会社と、繋がりを持っている大学を選択した方が良いでしょう。

大学に進むためには、お金が必要になります。
学費も調べてから決めてください。
学費が高い大学は、本当に支払えるのかよく考えてから入試を決めましょう。
支払うのが大変でも、特待生になったり奨学金を使う方法があります。
もし学費が高くてもどうしても入りたいなら、諦めないで良い方法が無いか探してください。
大学の情報を調べることで、自分が進みたい道が決まると思います。

焦って決めると、選択を間違えます。
大学の選択を間違えると、今後の就職も困難になります。
自分の将来が、このタイミングで決まると思ってください。
将来やりたい仕事に就けるよう、大学で必要な知識をしっかり学んでください。
選択を間違えたからといって、簡単に大学を変更することはできません。
チャンスは1回しかないので、真剣に考えましょう。
早く調べ始めていれば、選択を間違える心配はありません。

長くサポートしてくれるのか知る

大学を卒業したら、今度は就職活動が控えています。 その時に、しっかりサポートしてくれる大学を選択してください。 サポートしてくれないと、就職先を見つけるのが困難になります。 大学の力を借りて、自分が希望する会社に入ってください。 サポート体制を調べましょう。 続きを読む

学費を確認してから決めよう

学びたいジャンルがあっても、それだけで決めることはできません。 学費をしっかり支払えるでしょうか。 基本的な料金の他に、別途で必要になる金額があります。 予算を決めてから、大学を選択すると良いでしょう。 入試に受かっても、学費を支払えないと入学できません。 続きを読む

▲トップへ戻る